タグ:空 ( 7 ) タグの人気記事

※ 昭和歌謡メロディを思い浮かべつつお読みください ※








豚はやっぱりイベリコなんて 

あなた気取って言うけれど

わたしにだってこだわりあるのよ

少しでいいから話をきいて




ああ~  年末恒例大そうじ

窓の汚れが 心曇らす~



ああ~  ガラス磨きは新聞紙

タオルじゃダメよ 繊維残るの~ 




リサイクルなんて言わないで

エコライフなんて忘れたわ



インク汚れもご愛嬌 わたし隠さず生きてくわ

黒く染まった指先こそが 女の勲章~


「内山田洋とクールファイブ」あたりを思い浮かべていただけましたか?
[PR]
by cheshire456 | 2006-12-19 00:26 | 日々のあれこれ

アウアウアウ~・・・(涙)




多分きっと、同じ月・・・ なのにぃ~!!

なんでなんで、こおいう色に撮れないんだろう?!

むきーーーッ!! ヽ(`Д´)ノ



ジェラシー盛り盛り気分で(笑) さかなやさんに、とらば。



そしてお馴染み、トリミングしまくり加工しまくり画像を恥ずかしげもなくup・・・

月 = とにかくデッカく撮る! それ以外、な~んも考えておりません!

ゲージュツ性なんて、まるっと無視です! 今んとこ。(苦笑)












b0041894_14591052.jpg



久々更新のこちらにも、プチッと月っぽいもの?ございます(^^;
[PR]
by cheshire456 | 2006-12-01 15:06 |

ついてない日の抒情詩





出掛ける用事があったので、前夜からいそいそとカメラバッグを用意していた。

天気予報では 「 曇りのち晴れ 」  雨が降るなんて、どこの気象予報士も言ってなかった。



朝起きたら、空は どんよりどよどよ だった。

だけどワタシは復活の呪文のように、世界を救う伝説の剣のように、

「 曇りのち晴れ 」

その言葉だけを胸に抱き、颯爽とカメラバッグを背負い家を出た。



午前10時、用事が済んだ。

見上げた空は相変わらず どんよりどよどよ なまま・・・ 嫌な予感が胸を過ぎった。

けれど希望は捨ててなかった。 天気予報は 「 曇りのち晴れ 」 

空にもワタシの心にも、一条の光が射す・・・ その瞬間を信じた。



地下にあるスーパーに立ち寄り、大根を買った。 生芋こんにゃくを二袋買った。

その他もろもろ、色々買った。

重かった。



だけどワタシはへこたれなかった。

なんてったって天気予報は 「 曇りのち晴れ 」

右手に大根ぶら下げてでも、海を見下ろす高台の公園に立ち寄るつもりだった。

晴れ渡る空の下、眼前に広がる海を撮って撮って撮りまくるのだ!

おお! 牧場はみどり!(?)



買い物を済ませ、地上に出た。

信じられない光景に我が目を疑った。

雨・・・  雨が、 降っていた・・・



予想外の出来事に呆然としながらも、ワタシのアタマの中では、

走馬灯のように馬車馬のように草競馬のように

とにかく、とてつもないスピードで様々な考えが駆け巡っていた。



まずはこの悲劇的かつ危機的状況から如何にして逃れるべきか?!

そのための身の振り方を、的確にそして迅速に決めなくてはならない。



たとえばこれはどうだ? 

“ 適当な喫茶店にでも入り、乾いた喉を潤しつつ雨が上がるのを待つ。”

心の拠り所だった 「 曇りのち雨 」・・・ それがものの見事に裏切られた今となっては、

この案は 却下 だ。

もはや、この 「 呪文 」 の効力は失われたのだ、永遠に。



“ 最寄の停留所から速やかにバスに乗車し、帰路につく。”

賢明だ。



“ 百円均一でカサを買い、歩いて帰る。”

それもありだ。

もともとは徒歩で帰るつもりだったのだ。



しかし、この日この時に限っては、どちらの案も 「 却下 」 だ。 なぜなら・・・

カメラ。

防水加工すらろくに施されていないという、ステキすぎるカメラバッグの中に収められた、

「 購入以来、まともに家から持ち出すのはまだ二回目 」 という状態のカメラ様のためなのだ。



ああ・・・  なぜ、ワタシは、わざわざ、こんな日に、カメラを、持って出て、しまったのか?



朝、家を出るギリギリまで、

「 初志貫徹、カメラを持って出ると決めたからにはカメラバッグでゆく!」 のか、それとも

「 臨機応変、こんな天気の日に無理にカメラを持ち出す必要はなし!」 にするか、

悩みに悩んだ。

悩んだすえに 「 ハズレくじ 」 を選んだ、自分の愚かさが悔やまれた。



首に巻いたマフラーを解き、ほんの気休めではあるがカメラバッグに巻きつけると、

胸に抱きかかえて雨の町を走った。

ワタシごとき人間が風邪をひくよりも、カメラ様の故障のほうが高くつく・・・

それがわかっていたので、迷わずそうした。



タクシー乗り場に向かう途中、宝くじ売り場に群がる人々の姿が目に入り、

ワタシも・・・ ワタシも 「 夢 」 を買ってみようか・・・

そんな思いが脳裏を過ぎったが、

今現在自分が置かれている状況と、そうなった元凶である 「 くじ運のなさ 」 を思い出し、

足早にその場を立ち去った。



意気消沈して帰宅したワタシを迎えたのは、

「 こんな日にカメラなんて持って出たの? バッカじゃないの?!」

という、母の言葉だった。



「 バカみたい 」 でも 「 バカだねえ~ 」 でもなく 「 バッカじゃないの?!」 である。

・・・あんまりだ。



すごすごと自室に引き下がり、カメラバッグを肩から下ろすと、

片方が肩こりしないように心がけ、左右交互にバッグを架け替えていた結果、

見事に両肩が深刻な肩こりに見舞われていた・・・



結局、一枚も写真を撮る出番のないまま、

ただ家から連れ出され、連れ回され、連れ帰られた、

そんなカメラの重みによる肩こり。

・・・ムダだ。

すべてが、ムダだ。

悲しくなった。





ただひとつ 「 よかったこと 」 がある。

忌まわしき肩こりの一因でもある、大根・生芋こんにゃく・その他もろもろ・・・

十数年ぶりに作った 「 モツ煮込み 」 の、美味しい一員へと生まれ変わりました。






b0041894_1374467.jpg


一昨日の夕方の空

これってもしかして・・・ 「 明日、雨だぜ。」 って目印だったのか?
[PR]
by cheshire456 | 2006-12-01 01:47 | キリトリ道楽

満月






b0041894_21221347.jpg





カメラの良し悪しよりも重要なことがあるのだと


つくづく思い知らされた夜・・・(涙)
[PR]
by cheshire456 | 2006-11-05 21:31 |

ことばにできない とかいいつつ してみたくなるもんなんだぜ。








b0041894_1231441.jpg


“ 三秒前 ”   あの空の色を 懐かしむ






プチっと字余り~
[PR]
by cheshire456 | 2006-11-05 01:30 | 詩歌

ミカヅキ






b0041894_01388.jpg






・・・ショボ~い(T_T)



ああ、やはり一日もはやく、

デジ一くんに活躍してもらうようにしなければ・・・(涙)



って、コンデジで撮ったせいだけでなく、

単にオイラの腕が足りないだけってハナシもあるのですが(苦笑)
[PR]
by cheshire456 | 2006-10-26 00:05 |

10月はたそがれの月





やっぱ、空を撮るなら10月でしょ♪
というのがワタクシの持論です。


たぶん、同じ空を見てた人、
lovestonesさんに、とらば。






b0041894_12441812.jpg






ひとたびコンデジを手にすると、時間も人目もなにもかも忘れてしまうワタシですが、
特に空を撮り始めると、もうどうにも止まらなかったりします。

ちょっと目を離したすきに、風が雲のカタチを変えてしまうじゃないですか。
そうすると 「 おっ。 この雲、イーネっ!」 ってことになり、
その場から立ち去るタイミングを見失ってしまうのです。。。



昨日も、ゴホゴホと咳をしながら洗濯物を取り込んでいたら、
あまりの雲の見事さに、家の中にとって返し、コンデジを手にふたたびベランダへ。

しばらくそこでバシバシ撮っていたものの、それでは飽き足らず、
家を飛び出し、マンション最上階まで階段を駆け上がり、
バシバシ撮りつづけること数十分、

気付いたときには背中にビッショリかいた汗が、ヒンヤリ冷えて肌寒くなってました・・・



そんなわけで、またプチっと風邪が悪化しました。

ああ、すんげーバカ。
[PR]
by cheshire456 | 2006-10-13 12:58 |