タグ:文句たれたれ。 ( 6 ) タグの人気記事

とある放置ブロガーの帰還


え~

時の流れは 光陰矢の如し てなもんでやんして

気付けば早や、放置ブロガー歴9年デスΣ( ̄ロ ̄lll)


世界的、個人的に色々あった9年ですが


「てへぺろ ❤」


という便利な言葉が生まれたことは
いい加減なワタシの人生をたいへん楽にしてくれました


あまりの悪質放置っぷりで、もはやログインもままならず
画像upのやりかたとか、いつ思い出せるかわかりません


てへぺろ



今朝、今はまっているゲームの あいことば が
なぜか 婆娑羅 で、

聞き覚えはあるけど 婆娑羅 とは何ぞや?


タブレットで音声ググりしてみました。


我ながら、めちゃめちゃ明確な発音でした



しかし

なぜか検索されたのは、漢字二文字で



ころ○



・・・・・・・・・・・・こわっ!!!Σ( ̄ロ ̄lll)



あまりの恐ろしさに、思わず洗濯機の掃除に逃避したくなりましたが
あいまいなままでいるのも恐いので
勇気を持ってリベンジしてみました!



先程よりも、さらにハッキリくっきりと
一語一語バキバキ区切って


「ば!さ!らっ!!!」


ぐらいのいきおいで。



まあ、結果はといいますと

More
[PR]
by cheshire456 | 2016-06-02 11:50 | 日々のあれこれ

つぶやき。





先日、ご近所の主婦 Mさん が母を訪ねてきた時のこと。


我が家はそれはそれは狭いので、
ダイニングキッチンでおしゃべりに興じる二人の声は筒抜け、というか丸聞こえなわけですが。


延々と続く世間話の合間合間に

「 お茶入れ替えようか?」
「 コーヒーにする?」
「 ああそうそう、漬物あるんだわー。」
「 煎餅食べなよ、おいしいからっ。」



まあ、それはいいんです。

熟年主婦の昼下がり、むしろホホエマシイ光景です。





・・・が、しばらくして、

ワタシはある異変に気付きました。


事の発端は、母がガサゴソと持ち出してきたカラオケテープです。


母とMさんの共通の趣味は 「カラオケ」

ゴミ捨てや買い物帰りの折に触れ、
外で顔を合わせるごとにカラオケ情報交換をしていたようです。


始めのうちは
「 アタシ今、教室でコレを習ってんのよォ」
「 あらー。 難しいのをやってんのねえー!」
「 いやー、ここんとこの音が高くてさぁ~。なかなかねェ・・・」
「 平気平気! あなたいい声してるから!!」

と、 あれこれカラオケテープを流しつつ、
女学生のようにキャアキャアはしゃいでいたわけですが、そのうち・・・



歌詞カードを手に、カセットから流れる歌にあわせ
カナザワのォ~ あ~めェ~♪
などと、Mさんが声を張り上げている隣で、


母は両耳にイヤホンを突っ込み、
ン~ ンンンンン~♪
別のプレーヤーで別の曲を聴きながら、
これまた歌詞カード片手に鼻歌を歌っている、という



狭い台所で膝突き合せながら、

アンタらいったい、何してんだ?的な状況となっており・・・






近年、主にワカモノ層による 「携帯依存症」 がたびたびクローズアップされており、

仲の良い友達同士や恋人同士で喫茶店に入っても、
目の前に居る相手と会話することなく、
おたがい別々に携帯メールに没頭しているという、

携帯嫌いなワタシから見れば、まことに理解不能としか言いようのない事態が、
ワカモノ世代ではアタリマエになりつつあると知り、
なんとも 「オーマイガー・・・」 な気分に陥ったものでしたが、



先日の母とMさんの様子を見ていたら、

これはワカモノだけに限ったことではない・・・と気付き、



自分自身、

主な生態 = 人見知りのひきこもり 

であるにも関わらず、



「人と人とが共に過ごす意味とはいったい、何なんだろう?」



人類の未来にプチっと不安をおぼえるワタシなのでした。









b0041894_1403674.jpg

[PR]
by cheshire456 | 2007-03-07 14:04 | 日々のあれこれ

なんだかなー・・・





またもや鎌倉に行ってきました。

「 蝋梅 」 目当てに、長谷方面の光則寺へ。



例年なら、今がちょうど見ごろらしいのですが、
今年は暖かいせいか、もはや蝋梅は終わり間近・・・orz

おまけに、鳥やリスが花を食べてしまうそうで、
残された花も、それはそれはショボいものでした。



光則寺は 「 花の寺 」 とも呼ばれ、一年中花が絶えないと聞いていましたが、

・・・残念ながら絶えてました orz



まれに見る大ハズレっぷりと申しますか。


もうちょい早ければ蝋梅に間に合ったし、
もうちょいあとなら梅が咲き始めていただろうし。


いやはや、ついてなかったです。




b0041894_23485178.jpg


日陰にひっそり植わってた蝋梅は、まだ開いてなかったし (-_-;

なんだかなあ・・・

もひとつ、 「 なんだかなあ・・・ 」
[PR]
by cheshire456 | 2007-01-27 00:18 | 日々のあれこれ

くーりすますが今年もやーって来るぅー




ああぅ! けんたっきーふらいどちきん、食べたーいっ!!(単純)





クリスマスイブっちゅうやつまで、あと10日と迫りました。

「ぶろぐれ」開設以来3度目のクリスマスを迎えるわけですが、
今年もやはり、な~んの予定もなかったりなんかします。


そもそもここ数年、
我が家においてクリスマスというイベントは全く重要視されておらず、

当日のディナーでさえ、湯豆腐やら焼き魚やら、

クリスマス的要素が徹底的に排除された内容となっており、

今年はせめて、そこらへんだけでも改善したいなぁと思っている次第であります。



さて、クリスマスといえばもう一つ・・・

「プレゼント」なんちゅうものが付き物ですが、

近年は 「誰かに贈る」 「誰かからもらう」 以外に、

自分へのごほうびプレゼント(自プレ)というものが一般的になりつつあるとか?


しかもその予算の統計を一般OLを対象にとってみたところ、

なんと5万数千円に及ぶのだとか!

これってたぶん明らかに、恋人へのプレゼントよりも高額予算なのではないかと思われ・・・



しかしあれか、

流行りのおブランド物のバッグとか、貴金属類なんかを買うとしたら、
それぐらいポーンと飛んでいってしまうものなんだろうね、きっと。
↑興味が無いので価格がよくわからない


うーん、そんだけ自分に使えるなら、迷うことなくカメラのレンズ買っちゃうけどな~

などと、おやじ科に属すワタシは思ってしまったりする・・・



それもどうかと思うので、
おまけにプータローとしてはもう少し予算を絞りたいので、

リーズナブルかつ、なんかプチっとクリスマスっぽい自プレを考え中。

最有力候補は財布かな、 ボロッボロだし(苦笑)



ちなみに来年のラッキーカラーは ライトグリーン・オレンジ・ゴールド だそうですよ。

オレンジはもともと好きだし、オレンジ色の財布を重点的にチェックしてみっかな。




そーそー。

クリスマスの予定はありませんが、

今年いっぱい、家にいるとき何してるか、だいたいの予想はついております。





横溝正史(金田一耕助シリーズ) ガンガン読んでます。





過去に映画化されたものが大好きで、昔よく観ていたのですが、
きちんと原作を読むのは初めてです。


「八つ墓村」 「獄門島」 「悪魔が来たりて笛を吹く」 今年話題の「犬神家の一族」・・・





おおお! 血沸き 肉踊るっ!!





って、なんでわざわざこのメリクリな時期にキンダイチ? などと思ったりもしますが。


クリスマスにはフライドチキン齧りつつ、
「悪魔の手毬唄」とか読んでる可能性・大です。





b0041894_13173279.jpg

[PR]
by cheshire456 | 2006-12-14 13:22 | 日々のあれこれ

DVDでロシアンルーレット! 第二回戦 「ふらいとぷらん」&「ようぎしゃ むろい~」の巻





フライトプラン






期待度: MAX!!



主演: インスタントコーヒーのCMに出てた頃が懐かしい・・・な ジョディー・フォスター



内容: 不可解な事故死により急死した夫の遺体を乗せ、
    高度一万メートルの上空を飛行中の旅客機内から、同乗したはずの娘が消えた。
    高速移動する巨大な密室からは娘の姿ばかりか、
    搭乗したという事実までもが消し去られていた・・・ いったい、なぜ?
    孤立無援な状況下で、娘を取り戻すための孤独な戦いが始まる。



感想: いや、あんた、そら~、無茶苦茶でしょうが?
    と、思わず苦笑い・・・な部分が多すぎ。
    結果的にストーリーに入り込めないし、登場人物にも共感できない。
    映画だから、作り話だから、という点を差し引いても、納得できない点多し。
    つーか、あんた! まずは反省せぇよ、色々と!!
    などとツッコミ入れたくなってしまうのはワタシだけ?
    「 ありがとう 」 と 「 ごめんなさい 」 が言えないのはダメダメですよ、お母さん!
    どんな状況下でもなっ!( ←なぜか、やや切れ )



要するに: 「 絶対オモシロイはず!ってチョー期待してたんだけどなあ~
    さら~っと裏切られちゃったなぁ~・・・トホホ~・・・なハズレ 」










容疑者 室井慎次






期待度: MAX!!



主演: この人=「 ソイヤ!ソイヤ!」なイメージがいまだに抜けない・・・ 柳葉敏郎



内容: 現職警官が起こした殺人事件、その取調べ中に被疑者が逃走。
    数十人の警官による「大捕り物」の最中、被疑者が事故死してしまう。
    被疑者の母親は捜査本部長を務めていた室井管理官(柳葉)を刑事告訴する。
    自らが逮捕されたことにより、この事件には裏があると疑いを持つ室井。
    一度は解決したと思われた事件の真相を再び追い始める・・・



感想: 実にテンションの上がらない作品。
    どこでどう盛り上がれば良いのか?!非常に戸惑うところである。
    「 踊る大走査線 」のレジェンドシリーズとのことだが、
    今作には「 それらしさ 」が皆無。
    シリーズならシリーズらしく、その流れを汲んでほしかったし、
    まったく別の作品だと言うのなら、シリーズを名乗らないほうが良い。
    そのあたりが非常に「 中途半端 」な印象を抱かせる。
    一応出しとくか~的な感じに登場する「 踊る~ 」のキャラクターも、
    妙に「 浮いた 」感が否めない。
    何事も、引き際が肝心なのよ~ 退くもまた勇気なのよ~
    などと、心の中で呟いたのであった・・・



要するに: 「 なんでそ~なるのッ?! 青天の霹靂に直撃された級にダメージでかいハズレ 」
[PR]
by cheshire456 | 2006-09-07 12:16 | DVD de ろしあんるーれっと!

DVDでロシアンルーレット! 第一回戦 「 うちゅうせんそう 」&「 うぶめのなつ 」の巻





宇宙戦争






主演: このヒト、なんだかいつも口が半開きな気がするのはワタシだけ?な トム・クルーズ



内容: 突如、地中から現れた現れた巨大殺人マシーンがアメリカ東部の平和な町で大暴れ。
     人々は右往左往と逃げ惑い、マシーンは どっかんどっかん やりたい放題。
     町はめちゃくちゃ、人間は粉々、さあ大変!!
     主人公レイ(とむ)は息子と娘を連れ、ただひたすら逃げて逃げて逃げまくる。
     ・・・そんなふうなパニック映画。



感想: ハリウッド映画には、これでもか!!っていうくらい「 家族愛 」が強調されてることが
    必要不可欠なのかもしれないなぁ~と思った。
    この映画はその点が「 うっすい!」  激薄ッ!
    それゆえか誰にも感情移入できなくて、結果的に「 なんぢゃコリャ?」という印象。
    もっとベタベタでいいのよ、ベタベタで!!



要するに: ワタシ的には 「 けっこー期待してただけにダメージでかいはずれ 」?










姑獲鳥の夏





出演: 最近、三枚目っぽさが際立っていてなんだかステキ!な 堤真一
    
    最近なぜか、あなたのことが「迷える子羊」のように思えてきました・・・な 永瀬正敏
    
    昔からあんま変わらんね~ホントに時をかけてるんとちゃうん?!な 原田知世 



内容: 20ヶ月もの間妊娠し続ける娘、密室から忽然と姿を消した娘婿、
     さらには新生児誘拐?事件など、不気味な噂が渦巻く久遠寺医院。 
     それらの謎の解明に挑むのは、古本屋店主兼陰陽師という、
     あんたのほうこそ相当胡散臭いんじゃないの?的な男・京極堂(堤)と、
     その友人であり、金魚のフン的存在(←ヒドイ・・・)でもある文士の関口(永瀬)。
     “ 久遠寺家の呪い ” も相まった、おぞましい真実が次第と明らかに・・・



感想: 原作(それも、そこそこ売れてる)があるものの映画化って難しいっすね~
    キャスティングがコケてると、もうすべてがパァ!ってことも含め。
    率直に言うと、堤さん演じる京極堂はイメージに合わない。
    それ以外の出演者も結構色んな人が出てる割に生かされてない感じ。
    特に、“ 透視能力?を持つ怪しげな探偵・榎木津 ”なんて面白げな役を、
    今や演技派ちゅうか「 怪優 」の域に達しつつある阿部寛が演じているというのに、
    ちょこ~っとしか「 らしさ 」が出ていないのが・・・ あああ~、もったいない!
    なんちゅうか色んな意味で「 散漫 」な印象・・・
    もっと ぎゅうーっ!と凝縮してほしかった。  握り飯のごとく!



要するに: ワタシ的には 「 あんま期待してなかったけどやっぱりはずれ 」・・・
[PR]
by cheshire456 | 2006-09-01 14:41 | DVD de ろしあんるーれっと!