つぶやき。





先日、ご近所の主婦 Mさん が母を訪ねてきた時のこと。


我が家はそれはそれは狭いので、
ダイニングキッチンでおしゃべりに興じる二人の声は筒抜け、というか丸聞こえなわけですが。


延々と続く世間話の合間合間に

「 お茶入れ替えようか?」
「 コーヒーにする?」
「 ああそうそう、漬物あるんだわー。」
「 煎餅食べなよ、おいしいからっ。」



まあ、それはいいんです。

熟年主婦の昼下がり、むしろホホエマシイ光景です。





・・・が、しばらくして、

ワタシはある異変に気付きました。


事の発端は、母がガサゴソと持ち出してきたカラオケテープです。


母とMさんの共通の趣味は 「カラオケ」

ゴミ捨てや買い物帰りの折に触れ、
外で顔を合わせるごとにカラオケ情報交換をしていたようです。


始めのうちは
「 アタシ今、教室でコレを習ってんのよォ」
「 あらー。 難しいのをやってんのねえー!」
「 いやー、ここんとこの音が高くてさぁ~。なかなかねェ・・・」
「 平気平気! あなたいい声してるから!!」

と、 あれこれカラオケテープを流しつつ、
女学生のようにキャアキャアはしゃいでいたわけですが、そのうち・・・



歌詞カードを手に、カセットから流れる歌にあわせ
カナザワのォ~ あ~めェ~♪
などと、Mさんが声を張り上げている隣で、


母は両耳にイヤホンを突っ込み、
ン~ ンンンンン~♪
別のプレーヤーで別の曲を聴きながら、
これまた歌詞カード片手に鼻歌を歌っている、という



狭い台所で膝突き合せながら、

アンタらいったい、何してんだ?的な状況となっており・・・






近年、主にワカモノ層による 「携帯依存症」 がたびたびクローズアップされており、

仲の良い友達同士や恋人同士で喫茶店に入っても、
目の前に居る相手と会話することなく、
おたがい別々に携帯メールに没頭しているという、

携帯嫌いなワタシから見れば、まことに理解不能としか言いようのない事態が、
ワカモノ世代ではアタリマエになりつつあると知り、
なんとも 「オーマイガー・・・」 な気分に陥ったものでしたが、



先日の母とMさんの様子を見ていたら、

これはワカモノだけに限ったことではない・・・と気付き、



自分自身、

主な生態 = 人見知りのひきこもり 

であるにも関わらず、



「人と人とが共に過ごす意味とはいったい、何なんだろう?」



人類の未来にプチっと不安をおぼえるワタシなのでした。









b0041894_1403674.jpg

[PR]
by cheshire456 | 2007-03-07 14:04 | 日々のあれこれ


<< 苦手。 謎的黒豹 遭遇記 3 >>