防災対策?

まーた台風来るんだって!
んでもって、まーたドデカいんだって!!

台風シーズンになると、いつも疑問に思うことがある。

“ なぜ、マンションの窓には、雨戸がついていないのか?? ”

これって我が家だけではないだろう?
我が家が 築30ウン年のボロマンション だから、というわけでもないだろう?!
・・・ もしかして!!
ラ○オンズマンション (←ワタクシにとって高級マンションの代名詞 ) には
しっかりと雨戸が付いてるのか?!
はたまた、窓ガラス自体、とんでもなく頑丈 ( そして高価 ) なヤツが使われてるのか?!

・・・ まあ、ラ○オンズマンション のことはさておき、
ごく普通の一軒家、およびアパートの窓には、たいてい雨戸が付いているのに対し、
多くのマンションには見られないのはなぜなのか!
強風にあおられた物体が、窓めがけて飛んでくる可能性がゼロだと思われているのか?

吹き荒れる外の景色を、よせばいいのに窓に貼り付いて眺めていると、
今にも何かが飛んできて窓を突き破るのではないか ・・・ などと思ってしまい、
気分は往年のギャグマンガよろしく 額にタテ線 なのである。

しかし、角部屋ではない我が家には、ベランダに面した2部屋にしか大きな窓はなく、
そのうちの1室であるワタクシの部屋の窓には、とある防災対策が為されている。

それは 鉄 格 子 ( X 型 ) !!

ここに入居した際、父がわざわざ業者さんに頼んで付けてもらったらしいのだが ・・・
正直、ものすごお~~~く邪魔で、迷惑している。
なにしろ、居間を通らないとベランダの洗濯物が取り込めない!
窓ガラスの外側の拭き掃除もままならないし、錆び錆びボロボロで見た目も悪い。
撤去したくても、30年前の職人のガンコな仕事 ・・・ バカみたいに丈夫なのである。

てなわけで、迷惑千万の鉄格子であるが、台風の時だけは ありがたい。
思えばこの部屋は、入居した時から子ども部屋として使われていた。
もしかして父は、子どもたちの身を案じ、子どもたちを守るためにわざわざ
このような 迷惑な ものを取り付けたのかもしれない ・・・

なんつって。
えらいイイ話 (?) になってしまったが、実際のところはどーだかわからない。

何はともあれ、年に数回来るか来ないかの台風の時以外は、
ものごっつぅ~~~迷惑ッ! であることに変わりないのである。

月夜の晩など、鉄格子越しに空を眺めていると ・・・
閉じこめられてる?! ような心境になってしまうワタクシなのであった 。。。


b0041894_139956.jpg


鉄格子越しの月 ・・・
[PR]
by cheshire456 | 2004-10-20 13:12 | 日々のあれこれ


<< 鉄格子の向こう側・・・ ナゾハナ奇譚 >>