我、 「 負け犬 」にもなれぬことを知る。




文庫化されたら読もう、と思っていたら (というか、文庫化されない限り買う気がなかった)
ブームもすっかり醒め切った頃になってようやく文庫化されました。



負け犬の遠吠え
酒井 順子 / 講談社







せっかくなので(?)怖いもの見たさもあり、読んでみることにしたのですが・・・
驚愕の事実が発覚。

現在プータローであるワタクシ、その時点で「負け犬」の定義から外れてしまうのです!


正統な負け犬(?!)とは、
「 経済的に自立していること 」が大前提であるらしい・・・

プータローはもちろん、パートやアルバイト程度の収入では
負け犬にもなれない
負け犬ですらない。


ワタクシの場合、きちんと就職して経済的に十二分に自立して初めて、



本物の負け犬になれる! のです。




うーむ、それって果たしてレベルアップなのか レベルダウンなのか?

・・・ビミョ~。





そんじゃあオイラって何なんだ? ニートか? とか思うわけですが、
これまた最近知ったのですが、ニートにも年齢制限があるんですってね・・・ orz


ニートからも見放され(?)負け犬にもなれない、

なんだか気持ち的には流浪の民です・・・ 


地に足付けた~い

畳の上で死にた~い!>違





そんなこと言ってますが、
週末は数年ぶりに会う「 勝ち犬 」な友人とデートです(^^;

『 負け犬の遠吠え 』 を貸す約束してるんで、それまでに読み終えなくては!


などと、

いまいち 「負け犬未満」 もしくは 「負け犬以下」 の自覚に欠けるワタシ・・・


ま、いっか。
[PR]
by cheshire456 | 2006-11-07 11:52 | 日々のあれこれ


<< ココロイキ。 満月 >>