遠ぉーーーい親戚から、 縁談話 を持ち込まれタ・・・ (-_-;







敵は 「 一度、会うだけ会ってみたら?」 などと、
甘い言葉でしつこく猛プッシュしてくるのだが、

ワカモノ同士の合コンじゃあるまいし、たった一度会ってしまったが最後!


ずんずかずんずか、アレヨアレヨ~・・・ という間に話が進められてしまうであろうことは、
目に見るより明らかである。





・・・ トンデモナイことだ。





しかし、ここでウッカリ流されてはいけない。

地べたにしがみ付いてでも踏み留まるのだ!






・・・ああ、それにしても

何といったらわかってもらえるのだろう?

すごく簡単なことなのに。




「 相手の方、すごぉ~く 良い人 なのよ~ 」 しきりと言ってくる小母さんに、






「 そうかもしれません。 ・・・が、

      あいにくワタシ自身が 良い人 ではありませんので。」







と、正直に、真実を伝えたならば、
それで納得してもらえるのだろうか?










b0041894_063017.jpg













閉じこもっていたいのだ、もうすこしだけ。

タマゴの殻を、ぴったりと閉じて。


その殻を割るのは自らの手、そして自らの意思、

そう考えるのは間違いなのだろうか・・・















なんつって。 > 嘲笑












・・・ ああ、

小母さん&世間様の声が聞こえる気がするっ















「 な~に甘いこと言ってんのよ、 その歳で!

         アンタ、 自分がいくつだと思ってんの?! ( ̄Д ̄;; 」













ケンモホロロ~~~・・・
[PR]
by cheshire456 | 2006-07-07 21:50 | 日々のあれこれ


<< タナバタの過ごし方 冷房バトル! >>