勤労者の自覚



というわけで昨日、もんのすごく久しぶりに インフルエンザ予防接種 を受けてきました。


昨年までは ぷーたろー だったので、インフルエンザに罹ろうが肺炎を患おうが、
自分がツラいだけのことだと思っていたのですが、
(※ 実際は違うな。 少なくとも家族に迷惑がかかるし。)

今年は違います。


中小どころか 極小企業 で働く身の上となったからには、
ワタシのような新入りが一人欠けるだけでも、それなりに迷惑をかけることになるからです。


というわけで昨日、もんのすごく久しぶりの インフルエンザ予防接種 を受けてきたのです。


あまりにも遠い記憶すぎて忘れてしまいましたが、
学校で 強制的に インフルエンザ予防接種を受けさせられるのって、中学まで?
それとも小学校まで??

どちらにせよ、ワタシはそれらの注射を受けたことがほとんどありませんでした。
なぜなら毎年その時期は、注射の日を迎えるより先に風邪をひいてしまったからです。

中学の時のことは全く覚えていませんが、
小学校の6年間では、一年生の時に一回注射を受けたことがあるだけで、
二年生以降は風邪をひいていて受けられませんでした。

ウソかホントか、注射を受けた同級生は皆、
帰り道に 「 だるい、だるい・・・ 」 とぼやいていました。

注射を受けていないワタシはひとり、ピンシャンと元気だったため、
「 まーちゃん(←ワタシ )には、私たちのつらさがわからないのよっ!」
などと、プチっと八つ当たりされたりもしました(笑)


そんなわけで、インフルエンザ予防接種を受けるのはむちゃくちゃ久しぶりだったため、
プチプチっと緊張したりもしました。

前の晩には、すでに接種済みである兄から 「 痛い人はスゲー痛いらしいぞ!」
などと、昭和40~50年代の小学二年生レベルの脅しをかけられたりもしました。

しかし兄が得意気に
「 少しチクっとしますよ~って言われたけど、俺、チクっともしなかったわ~ (笑)」
と話すのを聞いて、

「 やはりこいつはバカだ。 痛覚が恐竜並みなのだ。 バカの言うことは信用するまい。」
と思ったのでした。


注射自体は、まあ、得意でもないけれどガマンできないものではないし、
痛みに関してはかなりガマン強いほうなので、どうってことありませんでした。

どっちかっていうと、料金が5000円かかることのほうが痛いな・・・( ぼそり )


しかしねえ、かかってしまってからのほうが大変らしいし・・・
◇ こづつみさんのとこに、とらば →→→闇タミフル?

幻覚を視るとか、異常行動を起こすとか、スゲーおっかないイメージのある薬ですが、
それでもインフルエンザにかかってしまったら服用しないよりしたほうがいいらしい・・・

なんだかなァって感じなのですが、それすらも不足してて てんやわんや だそうで。


うーん、おとなしく5000円払って予防接種しといてよかったのかも ( 笑 )








予防注射のほうも、すでに品薄なんですってね。
ワタシは先々週に予約して “ お取り置き ” しておいてもらいました。

それでも心のどこかで心配だったらしく、注射の当日の朝方、

予約しておいたにもかかわらずワクチンが品切れになってしまい、いざ病院に着いたら
「申し訳ありません。 たった今(ワクチンが)終わってしまいまして・・・」
などと受付のおねーさんに言われて、



「 はあ?! 

終わってしまって、で済むと思ってるんですか?!

なんのために予約してあったと思ってるの?

わざわざここまで来たっていうのに、どうしてくれんのよ!」




と、すんごい剣幕で怒鳴り散らしている夢を見ました・・・


自分の正体を見てしまった気がして、心臓バクバクさせながら目覚めました (^^;






b0041894_1144878.jpg

ふくすけ わらうぞ はひふへほ ←意味なーし

[PR]
by cheshire456 | 2005-11-27 11:45 | 日々のあれこれ


<< ただ今、昼休みちゅう。 前略、仕事場より。 >>