『 きょうの猫村さん 』


 参加することに意味があるのだ、たぶん!



きょうの猫村さん
ほし よりこ / マガジンハウス










猫村ねこは猫である。

だがしかし、そんじょそこらの猫ではない。


炊事・洗濯・掃除に買い物、これらすべてをパーフェクトにこなし、
特に料理の腕前は、一流ホテルのシェフをも上回るという。
さらに得意技は “ マッサージ ” と、まさに至れり尽くせり!

それが “ スーパー家政婦・猫村ねこ ” である。



親猫とはぐれ、ひもじさに耐えながら街を彷徨っていたところを 「ぼっちゃん」 に救われ、
生涯の忠誠を誓った猫村さん。
しかし、ぼっちゃんの両親の離婚により、悲しい別れを余儀なくされる。
ぼっちゃんは母親に引き取られ、遠い外国へ・・・

猫村さんは、ぼっちゃんが残してくれた “ Neco ” のネーム入りエプロンだけを手に、
最早、仕える意味を失った家をあとにする。

「 このエプロン大事にして生きてくんだ 」
新たな誓いを胸に、家政婦として生きて行く道を選んだ猫村さん。

稼いだお金で外国語を勉強し、いつかぼっちゃんに会いに行く日を夢見て!




大胆にもエンピツで描かれたままであるこの漫画のストーリーは、
猫村さんが 「村田家政婦紹介所」 を訪ねるところから始まる。

家事の腕前と人柄(猫柄?)の良さで、すんなりと周囲に解けこんでしまうばかりか、
とうとう念願のお屋敷奉公に出向くことに。

・・・あまりにも非現実的だ。

しかし、それを言ったら始まらない。

奉公先のお嬢さんの、現代では有り得ないような “ 不良少女っぷり ” だとか、
常に “ 部屋着姿にカーラー巻き ” で登場する村田家政婦紹介所の奥さんの素性だとか、

ツッコミどころは満載なのだが、それらも 先々の楽しみ と考えるべきだろう。



様々な固定観念を捨てて読んでみると、真っ先に感じられるのは 「猫村さんの愛」 である。
猫村さんは実に愛情豊かな人、じゃなくて猫なのだ。

特に “ 育ちざかり ” の子どもに関しては、周囲から 「ほっときなさい」 と言われても
放っておけるものではないのである。

情にもろく義理人情に厚いあまり、周囲からはお節介だと言われがちだが、
「 悪いことは悪い!」 と言い放つ様は、古き良き “ ニッポンの母 ” を彷彿とさせる。
失われて久しい “ 当たり前の正義 ” をそこに見ることができるのだ。



さて、そんな猫村さんのこだわりキーワードが、ずばり “ 育ちざかり ” である。
“ 育ちざかり ” の少年少女が食事をしないなど、猫村さんには許し難いことなのだ。

ここで登場するのが ネコムライス だ。

元々は、好き嫌いのあった ぼっちゃん のために、ニンジンや玉ねぎ、ピーマンや小魚、
それら全部を細かく刻み、無理なく美味しく食べられるようにと考え出された
“ 猫村さん特製ライス ” だったらしい。

「いっぱいの栄養とたっぷりの愛情」 が込められていると自ら語るこの ネコムライス は、
本編中にも度々登場するのである。

そこで。













実際に作ってみた (笑)


b0041894_12573811.jpg




あくまでもワタシの想像なので、実物とは異なる点も多々あると思われる。


基本の材料 (本文中に書かれている食材) であるピーマン・玉ねぎ・ニンジンは忠実に、
小魚は身近な食材である シラス干し を使用した。

さらに、好き嫌いというものは案外根強く、細かくしたくらいではニオイが気になると思い
今回はあえてケチャップライスに仕立ててみた。

この他、カレー風味などの味のバリエーションや、
やはり子どもに嫌われがちなシイタケ・パセリなどを混入することも可能だと思われる。

しかし調理法に至っては全く記述されていないため、今回は普通の 炒めご飯 にしたが、
最初から味付けして炊き込んだ、という可能性も捨てきれない。

正確なレシピはいつか明かされるのか否か・・・
今のところ、これも謎である。


また、今回最も苦労したのが山型ライスの頂上に刺した “ 猫村旗 ” の作成だったことを
忘れずに記しておきたい。

全行程 (ネコムライス作成、写真撮影、旗づくり 他) の所要時間約40分のうち、
確実に20分は旗づくりに費やしたのだ!

猫村さんに敬意を表し、ふだん使うことのない エンピツ を、
このためだけに わざわざ新調した ということも忘れず表記しておきたいと思う。



実際にネコムライス(想像図)を作ってみてわかったことは、
いかに食材を細かく刻むかが最大のポイントであり、
なおかつ、その「刻む」という作業の中に 「たっぷりの愛情」 が込められているということだ。

『 きょうの猫村さん 』 ・・・
実に奥の深い一冊である。
[PR]
by cheshire456 | 2005-10-07 13:30 | 日々のあれこれ


<< 一周年 たそがれサーティー >>