ちょっとマジメなはなし~



昨日、ネットでこんな記事を目にしました。


がんで脳死の米女性出産へ 時間との闘いに支援広がる
【ワシントン7日共同】

妊娠早期に脳腫瘍(しゅよう)のため脳死と診断された米バージニア州の女性(26)と
その家族に、米内外で支援の動きが広がっている。

赤ちゃんを出産させようと夫らは人工呼吸器装着の継続を決断したが、
がんは既に肺などに転移しており、子宮に広がる前に胎児が十分に発育できるか
「時間との闘い」になっているためだ。

女児とみられる胎児は今のところ元気な様子で、医師団は今月中旬にも人工的に出産させる計画。米メディアの報道で苦渋の選択を知った内外の人々からは、これまでに計30万ドル
(約3400万円)の寄付が家族に寄せられたという。

支援団体や報道によると、女性はワクチン研究者のスーザン・トレスさん。
妊娠17週だった5月7日に自宅で突然倒れ、呼吸が停止。
当惑する夫ジェーソンさんと2歳の長男に告げられた診断は、極めて悪性度の高いがんの一種メラノーマが脳に広がり、脳死になった--だった。(共同通信)



あまりにも壮絶な内容なので、一瞬呆然としてしまいました。
家族が脳死状態、それだけでも充分に辛く悲しいことなのに、残された家族と
“ 新しい命 ” にはまだまだ戦わなくてはならないことがあるなんて・・・

月並みな言葉だけれど、どうか幸せな未来が待っていますようにと祈るばかりです。



ところで、ワタシがこの記事に目を惹かれたのには別の理由が。
それは、この女性が冒された病が メラノーマ だという部分です。









“ メラノーマ ” とは悪性黒色腫と呼ばれる皮膚がんの一種です。
皮膚を構成している細胞の中にあるメラニン色素を産生する細胞(色素細胞、メラノサイト)が
何らかの原因でがん化したものがメラノーマです。

皮膚のメラノーマは「ほくろ」のようにみえるので「ほくろのがん」とも呼ばれます。
悪性度が高く、進行も早いため、早期発見・早期治療が大切です。



欧米人に比べると、日本人は発生率が低いとされていたようですが、
近年の環境の変化や、これまで紫外線に対して無防備だったことが影響し、
国内でも年々増加しているとか・・・

皆さま、紫外線対策は最早 “ 美容 ” の範疇だけには留まりません!
“ 健康 ” のために、老若男女問わず紫外線対策を!!


と、なぜワタシがチカラをこめてこんな話をするのかというと・・・

ええと、時間切れなので続きは次回に(汗)

うおーっ、画像もありゃ~しねえ!!



 月夜の蟹 もヨロシク~。
[PR]
by cheshire456 | 2005-07-09 12:00 | 日々のあれこれ


<< ちょっとお尋ね そういえば今日は・・・ >>