意味のないもの



この間、テレビで 「 一人一台は当たり前 」 って言われてました。
“ 携 帯 電 話 ” の話です。


携帯電話というからには、持ち歩かなくては意味がない。
常にケータイの画面を覗き込んでいないと落ち着かない!という人も多いとか・・・
うっかり家に忘れたまま外出、なんて 「 ありえな~い 」 ことなのでしょうね。

ワタシは割と へっちゃら です。

一応、外出時には持って出るように心がけているものの、
家を出てから忘れたことに気付いても 「 ま、いっか。」
いちいち取りに戻りません。

実はワタシ、電話っちゅうものが だいっきらい なのです。

こちらの状況などまったくお構いなしに、何の前触れもなく 突然 鳴り響くのもイヤだし
相手がどこの誰だか瞬時にわからないことも、相手の顔が見えないこともイヤだ。

それを “ 携帯 ” するだなんて!
いちいち “ 連れ歩く ” だなんて!!

ワタシにとってはそのほうが 「 ありえな~い 」 ことなのです。


数年前、家族の一人が ちいと面倒くさい病気 になってしまい、
もしもの時、いつでも連絡がとれるようにと、兄に携帯を持たされてしまいました。

電話をかけることも イヤ だけれど、かかってくることは もっとイヤ であるワタクシ・・・
電話が鳴るだけでもいちいち ビクッ! と 心臓跳ね上がり状態 になってしまうというのに
この上、いつ何時 「 チチ キトク 」 の電話が鳴るかわからないだなんて!!


あああ、すんげぇ~ユウウツ~!!



これまた多くの方にとっては 「 ありえな~い 」 ことだと思いますが、
ワタクシの でりけいと な心臓への負担を減らすため、
現在、ケータイの電話番号は 家族 と ごく近しい親戚 にしか知らせておりません。

そのため、発信・着信履歴、ともに

自宅 自宅 自宅 兄携帯 自宅 自宅 兄携帯 自宅・・・

不毛に思われるかも知れませんが、ワタクシ、大変快適です。



自宅にいる時は基本的に、電源すら入れられていないワタシのケータイ。
ごくたまに外出する時、渋々ながら電源を入れると・・・
Eメールの着信を知らせるマークが点滅しています。

これもまた、ユウウツ。

アドレスは取得しているものの、現在ケータイでのメールは使用しておりません。

あんな小っさいキーをピコピコピコピコ、んな面倒くさいことできるかっつーの!
という、 昭和ヒトケタ生まれのおっさんみたいなコメント がその理由です。
( 発展的な昭和ヒトケタ生まれの皆さま・・・失礼な発言ですが、笑ってゆるして♪ )


なのに電源入れると届くメールは 500件超え ・・・

要するに全部 迷惑メール です。

すげぇ迷惑してるとです ( ヒロシ?)


しかし消して困るメールは一通も無いので、いちいちチェックせず未開封のまま全件削除♪
とはいえ、いちいち転送してからでないと削除できないんで、実際はかなり面倒くさい。

そこで、何の予定もなかった れんQ を、メールの着信拒否設定に費やしたとです!
( ※ ワタシは 機械 と名の付くものすべての操作を 不得意 としております )

どこをどういじくったのか、もはやワタシにもわかりませんが、
れんQ以降、メールの着信 ゼロ件 です!!

やった! ついにやりましたぞっ!!

とうとう平穏な日々をこの手で勝ち取りましたッ!! ( 大袈裟 )




そんなわけで ( ? )

一人一台当たり前だかなんだか知らないが、
ケータイなんて不便なものを携帯せずにすむ暮らしに憧れるワタクシなのである。









使わないくせに持ちたくないくせに、
どうせ持つなら新機種がいいわ♪ なんて俗物的な考えはしっかり持ってたりして ( 笑 )

兄が機種変更すると聞けば

「 あ~っ、いいないいなぁ~自分ばっかりぃ~!」

・・・ほとんどコドモである。



現在使っている?機種までは、ワタシのぶんまで機種変更してくれていた兄ですが
ワタシが あまりにも使わない ことを知っていたため、
れんQ中のある日、とうとうこっそり自分のだけ機種変更してきちゃいました。

それはどうでもいいのですが、
新しいケータイだけでなく、なんかカワイイやつ を連れ帰ってきたので記念撮影 ( ? )




b0041894_12472069.jpg

なんじゃコリャ? よく見りゃケータイ・・・



b0041894_1249323.jpg

・・・の、トイレットペーパー。





最近はどこでもくれるんですかねえ?? コレ。 ワタシが知らないだけですか??
( ↑ 自分でケータイ買ったことも機種変更したこともないのでわからないのだ )


このままあっさり使ってしまうのも忍びなく、
かといって やくみつる氏 のようにコレクションする気もなかったので、
トイレットペーパー置き場の奥の隅っこに、半ば隠すように置いておいたのですが・・・

翌日、普通にトイレで使われてました ( 涙 )

どうやら、あのペーパーに愛着を感じたのはワタシだけだったようです。




ふっ・・・ ( にがわらい )
[PR]
by cheshire456 | 2005-05-09 13:14 | 日々のあれこれ


<< マキヅマーの明けない夜明け・・・ はたらく くるま >>